l'Auberge de l'ill Nagoya

ABOUT

店舗について

 

「オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ」は
フランス・アルザス地方のイローゼンという小さな村で
100年以上の歴史をもつ名店「オーベルジュ・ド・リル」の
海外初上陸店として、2007年に誕生しました。

CONCEPT

「レストランとは家族である」

この言葉に象徴されるように、エーベルラン家によって代々営まれてきた「オーベルジュ・ド・リル」には、訪れる人々に「いつかまた戻ってきたい」という想いを抱かせる温かいぬくもりがあります。

2007年、それまで門外不出であった「オーベルジュ・ド・リル」の海外初出店として、「オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ」は誕生しました。
名古屋駅前のランドマーク、ミッドランドスクエア42階という抜群のロケーションに構え、名古屋屈指を誇る素晴らしい眺望をお楽しみいただけます。メインダイニングにはオリーブの木で作られたシャンデリアと自然豊かなアルザスの風景写真を設え、やわらかなぬくもりを感じる空間が広がります。

アルザス美食文化を象徴する名店「オーベルジュ・ド・リル」から生まれた数々のスペシャリテをはじめとする最高峰のフランス料理と、やさしさ溢れるおもてなしの精神を受け継いだ「オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ」で至福のひとときをお過ごしください。

SPACE

木の温もりに見守られた優雅な空間

ダイニングの中央にしつらえられた、巨大なオリーブの木のシャンデリアは、オーベルジュ・ド・リル ナゴヤの象徴です。優雅で上質でありながら居心地の良さを感じる空間には、豊かな自然に囲まれた本国フランス・アルザス地方にある本店 「オーベルジュ・ド・リル」の持つ“温かさ”を感じていただけるようにという願いが込められています。

ABOUT US

アルザスの本店
「オーベルジュ・ド・リル」

フランス・アルザス地方のストラスブールより南に約60km。人口わずか700人の小さな村イローゼン。コウノトリが飛び交う広い空の下、柳の緑に囲まれ、白鳥が悠々と泳ぐイル川の畔に、歴史と伝統あるレストラン「オーベルジュ・ド・リル」があります。

はじまりは、今から130年以上も前に創業した一軒の小さなレストラン。地元の人々からこよなく愛された美味しい料理とあたたかいおもてなしの精神は、世代を超えて受け継がれ、後に店名を「オーベルジュ・ド・リル」として、1952年にミシュランの星に輝いて以来、今日までその星を守り続ける名店となり、世界中から集う美食家たちで連日賑わっています。

MARC HAEBERLIN

マルク・エーベルラン氏

「オーベルジュ・ド・リル」二代目総料理長
1954年アルザス生まれ。

早くから父、ポール・エーベルラン氏の後を継ぐことを決心し「トロワグロ」「ポール・ボキューズ」「ラ・セール」などの名店で修行。1977年、弱冠23歳にして「オーベルジュ・ド・リル」の料理長に就任し、現在もミシュランの星を守り続けている。現代料理界の牽引者として、父の偉業を継ぐだけでなく、進化への探求心を常に忘れず、アルザス本店の大改装、ストラスブールにブラッスリー&ホテルをオープンするなど、今なお精力的に活躍中。

「オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ」料理長

中廣 太一

1970年生まれ。東京都出身。大学卒業後、都内のフランス料理店でキャリアをスタート。その後、29歳で渡仏。ヴィエンヌ、ブルゴーニュ、バスクの星付きレストランでの修業を経て、リヨン郊外の二ツ星レストラン「レジス・エ・ジャック・マルコン」にて約3年間のフランス修業を終える。帰国後、2002年ひらまつへ入社。「サンス・エ・サヴール」の副料理長を経て、2007年3月「オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ」の料理長に就任。現在は、日本の3店舗(名古屋・東京・札幌)における統括料理長を務める。

このレストランの空間やメニュー、最新ニュースやイベント情報もぜひご覧ください。

 

RESTAURANT
WEDDING

レストランウエディング

 

お料理&ワインにこだわったお食事会ウエディングや海外挙式後パーティはもちろん、キリスト教式や人前式も叶います。

オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ

愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1 ミッドランドスクエア 42F MAP

LUNCH- 11:00〜15:30 (13:30 L.O.)

DINNER- 17:30〜23:00 (20:00 L.O.)

定 休 日- なし

TEL.052-527-8880

HIRAMATSU RESTAURANT
pagetop