Ristorante ASO

ABOUT

店舗について

 

モダン・キュイジーヌの先駆者、ジャック&ローラン・プルセル。
サンス・エ・サヴールでは、その繊細で軽やかな
"プルセル・キュイジーヌ”の世界をここ東京で発信しています。

CONCEPT

Sens & Saveurs ="五感の追求"

Sens & Saveurs (サンス・エ・サヴール)とは、フランス語で五感の追求を意味します。 景色、インテリア、音楽、会話、そして料理…。「五感全てで感じて食事の時間を楽しんでもらいたい」プルセル兄弟が大切にしているこの想いを受け、東京を一望できる丸ビル35階に、サンス・エ・サヴールは誕生しました。

東京タワー、お台場、銀座、新宿の高層ビル群。大きな窓から東京の景観を一望できる洗練された美空間で、五感で味わう美食の世界をお愉しみください。

POURCEL CUISINE

"プルセル・キュイジーヌ”の世界

"プルセル・キュイジーヌ”は、フランス・ラングドック地方並びに地中海料理を基本コンセプトとしています。

フルーツの持つ甘みや酸味に、塩味のような対照的な調味料を合わせることで素材の持つうまみを何倍にも増幅させる「シュクレ・サレ」、陸と海の食材を併せることにより、相乗効果を生み出す「テル・エ・メール(大地と海)」などの技法が特徴。素材、調味料の絶妙な組み合わせが生み出す驚きあふれる味わい、そして軽やかさが"プルセル・キュイジーヌ”の真髄です。

プルセル兄弟

Jacques & Laurent Pourcel

1998年当時、最年少でミシュランの三つ星を獲得し、世界中の食通に注目された双子のシェフ、ジャック&ローラン・プルセル兄弟。

重厚でクラシカルな料理こそ王道と言われたフランス料理を独自の感性で再構築し、新風を吹き込んだその手法は"プルセル・キュイジーヌ”と呼ばれ、本国フランスのみならず、アジアや中近東、欧米など世界中の料理人に影響を与えています。

「サンス・エ・サヴール」料理長

鴨田 猛(Takeshi Kamoda)

1977年 大阪生まれ。箱根のオーベルジュ、神戸のホテル勤務などを経てフランス、ベルギーに渡り、3年間フランス料理の修行を重ねる。2003年「ひらまつ」入社、サンス・エ・サヴールの副料理長を経て2012年料理長に就任。厨房に立つ傍ら、素晴らしい食材や生産者との出会いを求めて自ら日本各地を巡る。フランスにある本店「ル・ジャルダン・デ・サンス」の味を守りながら、常に進化し続ける挑戦者。

このレストランの空間やメニュー、最新ニュースやイベント情報もぜひご覧ください。

 

RESTAURANT
WEDDING

レストランウエディング

 

遠方からのゲストにも安心の好アクセス!美しい眺望や五感に響く繊細な料理が何よりのおもてなし。親族中心の会食にもおすすめ。

サンス・エ・サヴール

東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング 35F MAP

LUNCH- 11:00〜15:30 (13:30 L.O.)

DINNER- 平日 18:00〜22:30 (20:30 L.O.)/土日祝 17:30〜22:30 (20:30 L.O.)

定 休 日- なし

TEL.03-5220-2701

HIRAMATSU RESTAURANT
pagetop