Philippe Mille Tokyo

ABOUT

店舗について

 

シャンパーニュ地方の老舗シャトー
「ドメーヌ レ・クレイエール」の二つ星レストランで総料理長を務め、
弱冠38歳にして国家最優秀職人賞(M.O.F.)を受賞した
フィリップ・ミル。
グランド・キュイジーヌの次世代を担う期待の星として、
今、フランス国内外で最も注目されているシェフの一人です。
2017年、同氏の名を冠した世界で唯一のレストランが誕生しました。

CUISINE

食材へのリスペクトから生まれる
唯一無二のフィリップ・ミルの料理

フランス料理の伝統的な技術やセオリーを基本に、独自に追及したモダンを取り入れたフィリップ・ミルの料理。繊細なアートワークによって描かれたその料理は、絵画のように美しく、季節感にあふれ、食材の組み合わせ、ソースとのバランス、シャンパーニュとの相性、盛り付けに至るまですべてがきめ細かく計算されています。

フィリップ・ミルの料理の基本にあるのは、生産者と素材へのリスペクト。生産者が丹精込めて育てた素材へ敬意を払い、情熱と愛情をもって、その素材の持ち味を生かすことを大切にしています。それが、フィリップ・ミルのアイデンティティーです。年数回の来日の際は、自ら産地へ足を運びます。日本の四季やテロワールを肌で感じ、生産者と触れ合い、食材の魅力を自身で確かめながら、東京のメニューに取り入れています。東京のキッチンを守る料理長・藤田博和とシェフ・パティシエ石田佳奈子とともに、一切妥協のない、最高の料理を日々追求しています。

「フィリップ・ミル 東京」では、日本だけのオリジナルメニューに加え、「ウッフ・モレ・ヴァン・ルージュ(赤ワインを纏った半熟卵)」や「仔鳩のファルシー」、2019年より東京でも提供をはじめる「ディアマン・ノワール(黒いダイヤモンド)」など、「レ・クレイエール」で愛されているスペシャリテもご用意しております。

CHAMPAGNE

六本木に生まれた“シャンパーニュの聖地”

フィリップ・ミルの料理の大切なパートナーである、シャンパーニュ。当店では、大手有名メゾンはもちろん、小規模なこだわりの作り手まで、常時130銘柄以上を取り揃えております。プレステージを含む数種類はバイ・ザ・グラスでもご提供。シャンパーニュを食前酒としてだけでなく、お魚やお肉に合わせたガストロノミックワインとして、新しい楽しみ方をお薦めしています。国際ソムリエ協会認定シェフソムリエ・椨(たぶ)賢太郎が、豊富な経験と知識をもとに、お客様の好みや料理と相性を考慮した最適なワインをご提案いたします。

SPACE

都会の中に程よく自然が溶け込む

六本木は、東京ミッドタウン。ガーデンテラス棟の最上階に位置する「フィリップ・ミル 東京」は、静かな都心の眺望と緑豊かなテラスに囲まれ、心地よい風が吹き抜ける都会の中のオアシスです。店内は、グラスに揺らぐシャンパーニュを艶やかに表現したメタルワークをさりげなく取り入れ、洗練された非日常を優雅に演出しています。

PHILIPPE MILLE

フィリップ・ミル

「ラ・セール」、「ホテル・ムーリス」など名門レストランでの修業を経て、2009年ボキューズ・ドール国際料理コンクールで3位入賞を果たします。翌年、シャンパーニュ地方・ランスにある老舗シャトー「レ・クレイエール」の二ツ星レストラン「ル・パルク」とブラッスリー「ル・ジャルダン」の総料理長に就任し、わずか2年でミシュランの二つ星を獲得します。2011年には、弱冠38歳にして国家最優秀職人賞(M.O.F.)を受賞。「グランド・キュイジーヌの大いなる希望の星”」として国内外で高く評価されています。

このレストランの空間やメニュー、最新ニュースやイベント情報もぜひご覧ください。

フィリップ・ミル 東京

東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガーデンテラス 4F MAP

LUNCH- 11:00〜15:30 (14:00 L.O.)

DINNER- 17:30〜 23:00(21:00L.O.)

定 休 日- なし

TEL.03-5413-3282

HIRAMATSU RESTAURANT
pagetop