マルク・エーベルラン 春の特別ガラパーティ

『オーベルジュ・ド・リル』の創業者であるポール・エーベルラン氏は、交通の便が発達していなかったその昔に自然豊かなアルザスの地元食材を使ってミシュラン三ツ星を獲得した天才料理人。1949年に創業してから、わずか3年でミシュラン一ツ星、1957年には二ツ星、そして1967年、初めて三ツ星に輝きます。

その10年後、弱冠23歳という若さで息子マルク氏が料理長に就任。先代ポール氏が築き上げた伝統を不変のまま守り続けることを大切にしながらも、自身の感性に基づいて新しいものも積極的に取り入れる挑戦を続けることで、今なお、最高峰の輝きを守り続けています。

偉大なる先代たちの伝統を重んじつつ、新しい価値を創造し続けるマルク氏の春の新作料理をぜひお楽しみください。フランス・ミシュラン三ツ星獲得50周年という記念すべき2017年の最初の来日となります。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

マルク・エーベルラン氏

1954年アルザスに料理人の子として生まれる。早くから父、ポール・エーベルランの後を継ぐことを決心し「トロワグロ」「ポール・ボキューズ」「ラ・セール」などの名店で修行。1977年に「オーベルジュ・ド・リル」の料理長に就任し現在も最高峰である三ツ星を守り続けている。父の偉業を継ぐだけでなく、現代料理界の牽引者として、第一人者ボキューズ氏からも絶対の信頼を得ている。穏やかな人柄ながら、進化への探求心を持ち、アルザス本店の大改装、ストラスブールにブラッスリー&ホテルをオープンするなど、精力的に活躍中。

~マルク・エーベルラン氏との出会い~

2005年、「レストラン ボキューズ」のミシュラン三ツ星40周年祝賀パーティの席で出会ったのが、マルク・エーベルラン氏。
ボキューズ氏の紹介で挨拶を交わしたときのマルク氏の優しい眼差しと屈託のない笑顔は、その瞬間から長く続くことになる両者の関係を象徴しているかのようだった。共に仕事をするようになった今も、出会ったその当時とまったく変わらない友好関係が続いているのは、マルク氏の人徳、そして「ひらまつ」との共鳴によるところが大きい。

L’Auberge de l’Ill
130年以上の長い歴史を持つ伝統あるレストラン

1880年頃
オーベルジュ・ド・リルの前身「アルブル・ヴェール(緑の木)」創業
1940年
第二次世界大戦の戦火により「アルブル・ヴェール」倒壊
1949年
「オーベルジュ・ド・リル」創業
イローゼン村イル川の畔に、エーベルラン兄弟により再び家業が復興される。厨房を取り仕切るのは料理長である兄ポール氏、画家で建築家でもある弟のジャン=ピエール氏はインテリアやサービスを担当。
1952年
ミシュラン一ツ星獲得
1954年
マルク・エーベルラン氏(現オーナーシェフ)誕生
早くより父の後継者となることを決心し、「トロワグロ」「ポール・ボキューズ」「ラ・セール」などの名店で修行。
1957年
ミシュラン二ツ星獲得
1967年
創業15年目にしてミシュラン三ツ星獲得
この時、記念に考案されたメニュー「グルヌイユのムースリーヌ ”ポール・エーベルラン”」と「ペーシェ・エーベルラン」は約50年の時を超えて今なお愛されるオーベルジュ・ド・リルのスペシャリテ。
1977年
マルク・エーベルラン氏が二代目料理長に就任
父・ポール氏の偉業を継ぐだけでなく、現代料理会の牽引者として活躍。
2007年
3月「オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ」オープン
フランス国内でも門外不出であったオーベルジュ・ド・リルが海外初出店。
2008年
5月「オーベルジュ・ド・リル トーキョー」オープン
2014年
4月「オーベルジュ・ド・リル サッポロ」オープン
2017年
アルザス本店「オーベルジュ・ド・リル」ミシュラン三ツ星を50年連続で獲得

オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ
2017年43日(月) 18:30受付 / 19:00開宴

料金
| お一人様 50,000円
 (料理・ワイン・サービス料・税込)
TEL
| 052-527-8880
住所
| 名古屋市中村区名駅4-7-1
 ミッドランドスクエア42F
詳細はこちらから

オーベルジュ・ド・リル トーキョー
2017年46日(木) 18:30受付 / 19:00開宴

料金
| お一人様 50,000円
 (料理・ワイン・サービス料・税込)
TEL
| 03-5785-8880
住所
| 東京都港区西麻布1-6-4
 
詳細はこちらから
HIRAMATSU RESTAURANT
pagetop