404 Not Found

こちらのページは削除された、またはURL(ページのアドレス)が変更された可能性がございます。
このページをブックマーク登録されていた方は、お手数ですがブックマークの変更をお願いいたします。

HIRAMATSU RESTAURANT
pagetop
マルク・エーベルラン 三ツ星獲得50周年 特別ガラパーティ

昨年、記念すべきミシュラン三ツ星50周年を迎えた「オーベルジュ・ド・リル」。
2018年は、「50ans+1」と称して新たなる第一歩のスタートを切りました。
今では、レストランのみに留まらず、5ツ星と評されるホテル&スパ、ストラスブールに開店したブラッスリーなど幅広く展開し、エーベルラン家の次世代を担う若き後継者達が各分野で日々活躍し、世界中から訪れるお客様を笑顔にしています。

このたび、当主マルク・エーベルラン氏の来日が決定いたしました。
今まさにアルザス本店で供している『春の新作メニュー』を、グリーンアスパラガスやフレッシュモリーユ茸といったこの季節ならではの食材と味わう珠玉のスペシャリテと共にお楽しみください。

新緑の季節に、アルザスの爽やかな風を感じる一夜を!
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

  • ~マルク・エーベルラン氏~

    1954年アルザスに料理人の子として生まれる。早くから父、ポール・エーベルランの後を継ぐことを決心し「トロワグロ」「ポール・ボキューズ」「ラ・セール」などの名店で修行。1977年に「オーベルジュ・ド・リル」の料理長に就任し現在も最高峰である三ツ星を守り続けている。父の偉業を継ぐだけでなく、現代料理界の牽引者として、第一人者ボキューズ氏からも絶対の信頼を得ている。穏やかな人柄ながら、進化への探求心を持ち、アルザス本店の大改装、ストラスブールにブラッスリー&ホテルをオープンするなど、精力的に活躍中。

  • ~マルク・エーベルラン氏との出会い~

    2005年、「レストラン ボキューズ」のミシュラン三ツ星40周年祝賀パーティの席で出会ったのが、マルク・エーベルラン氏。
    ボキューズ氏の紹介で挨拶を交わしたときのマルク氏の優しい眼差しと屈託のない笑顔は、その瞬間から長く続くことになる両者の関係を象徴しているかのようだった。共に仕事をするようになった今も、出会ったその当時とまったく変わらない友好関係が続いているのは、マルク氏の人徳、そして「ひらまつ」との共鳴によるところが大きい。

L’Auberge de l’Ill
130年以上の長い歴史を持つ伝統あるレストラン

1880年頃オーベルジュ・ド・リルの前身「アルブル・ヴェール(緑の木)」創業
1940年第二次世界大戦の戦火により「アルブル・ヴェール」倒壊
1949年「オーベルジュ・ド・リル」創業
− イローゼン村イル川の畔に、エーベルラン兄弟により再び家業が復興される。厨房を取り仕切るのは料理長である兄ポール氏、画家で建築家でもある弟のジャン=ピエール氏はインテリアやサービスを担当。
1952年ミシュラン一ツ星獲得
1954年マルク・エーベルラン氏(現オーナーシェフ)誕生
− 早くより父の後継者となることを決心し、「トロワグロ」「ポール・ボキューズ」「ラ・セール」などの名店で修行。
1957年ミシュラン二ツ星獲得
1967年創業15年目にしてミシュラン三ツ星獲得
− この時、記念に考案されたメニュー「グルヌイユのムースリーヌ ”ポール・エーベルラン”」と「ペーシェ・エーベルラン」は約50年の時を超えて今なお愛されるオーベルジュ・ド・リルのスペシャリテ。
1977年マルク・エーベルラン氏が二代目料理長に就任
− 父・ポール氏の偉業を継ぐだけでなく、現代料理界の牽引者として活躍。
2007年3月「オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ」オープン
− フランス国内でも門外不出であったオーベルジュ・ド・リルが海外初出店。
2008年5月「オーベルジュ・ド・リル トーキョー」オープン
2014年4月「オーベルジュ・ド・リル サッポロ」オープン
2017年アルザス本店「オーベルジュ・ド・リル」ミシュラン三ツ星を50年連続で獲得
2017年「オーベルジュ・ド・リル サッポロ」ミシュランガイド北海道版2017にて一ツ星 獲得
取材のお問合せ:株式会社ひらまつ 営業本部 | TEL.03-5793-8812 | pr@hiramatsu.co.jp
HIRAMATSU RESTAURANT
pagetop